tnose.net

野瀬貴史の文書保管庫

僕がその男最初に会ったのはいつだったか忘れたが、ひどくうつろな顔をしていたのを覚えている。最初に彼が言った言葉はこうだ。「ジャバ」 その音がひどく不吉なものに聞こえて、彼を尋問するのを一瞬だけ、ほんの一瞬だけだが躊躇した。全く意味がわからないのに、ひどく胸をしめつけられたのだ。

野暮な定型文:このサイトの内容は,私の属するあらゆる組織の見解とは関係がございません.

About me

ネット上での活動

製作物

作りたいもの